地域支援

地域自殺対策政策パッケージ(地域における自殺対策取組事例集)

地域の自殺実態、実情に即した地域自殺対策計画の策定を支援するための情報を提供

「地域自殺対策政策パッケージ」とは、都道府県および市区町村における地域自殺対策計画を策定する際に、盛り込むことが推奨される施策群について、その具体的な取り組み事例と合わせて提示することにより、地域自殺対策計画の円滑な策定を支援するものです。当該地域の自殺の実態を詳細に分析した「地域自殺実態プロファイル」と組み合わせて活用することによって、その地域の実情に合った地域自殺対策計画を策定することができます。
いのち支える自殺対策推進センター(以下、JSCP)は2020年4月から、旧自殺総合対策推進センターから事業を引き継ぎ、「地域自殺対策政策パッケージ」と「地域自殺実態プロファイル」の作成ならびに、自治体への提供を行っています。

全国共通の「基本パッケージ」と地域特性を考慮した「重点パッケージ」を組み合わせて提示

地域自殺対策政策パッケージは、「基本パッケージ」と「重点パッケージ」から構成されています。基本パッケージとは、ナショナル・ミニマムとして全国的に実施されることが望ましい施策群です。

■基本パッケージは以下5つの施策群からなっています。

  1. 地域におけるネットワークの強化
  2. 自殺対策を支える人材の育成
  3. 住民への啓発と周知
  4. 生きることの促進要因への支援
  5. 児童生徒のSOSの出し方に関する教育


一方で重点パッケージは、自殺総合対策大綱(2017年)において示された重点施策に基づき、地域において「優先的な課題」に対する施策について詳しく提示したものです。地域特性に合った項目を選択し、基本パッケージに付加することが望まれる施策群です。

■重点パッケージは、以下8種の施策群からなっています。

  1. 子ども・若者
  2. 勤務・経営
  3. 生活困窮者
  4. 無職者・失業者
  5. 高齢者
  6. ハイリスク地
  7. 震災等被災地
  8. 自殺手段


※なお、基本パッケージにある「児童生徒のSOSの出し方に関する教育」については、命やくらしの危機に直面したときの問題の整理や対処方法を、児童生徒の段階でライフスキルとして身につけてもらう重要な取り組みであることから、すべての自治体において早急に取り組んでいただきたいという趣旨で基本パッケージの中に組み入れられています。

地域の特性に応じた効果的な対策を立案・実施する上で活用

「地域自殺対策政策パッケージ」を活用し地域自殺対策計画を策定するには、まず、いのち支える自殺対策推進センターが提供する「地域自殺実態プロファイル」を参照し、地域における自殺の特性を把握するとともに、課題の整理を行うことが必要です。「地域自殺実態プロファイル」では、自治体の自殺実態の分析を行った上で、その結果をもとに各地域の特性を評価するとともに、これを踏まえる形で重点パッケージの優先度を提示しています。自治体担当者は、そこで示された優先度を考慮して重点パッケージを選択することができるようになっています。地域の特性を考慮した重点パッケージを、基本パッケージに組み合わせて実施することにより、地域の実態に即した対策計画の策定や、効果的な対策の推進が可能となります。

地域自殺実態プロファイルのイメージ

community_package01-2.jpg

分析結果の概要と推奨される対策(重点パッケージ)が示され、さらにその他の詳細な地域の自殺実態が示されている。

community_package02-2.jpg

分析結果の概要(当該地域の自殺者割合と自殺率)が示され、下部に地域の特性の評価が示されている。

自殺対策のPDCAサイクルにおいて重要な役割を担う政策パッケージ

現行の「地域自殺対策政策パッケージ」は、2017年12月に、各施策に対応した地域における自殺対策取り組み事例の詳細をワンクリックで参照することが可能な電子媒体(PDFファイル)の形で全都道府県および政令指定都市の地域自殺対策推進センターに配布し、管内の市区町村への配布を依頼しました。また、あわせて冊子版も作成し、全ての地域自殺対策推進センターに配布しています。

JSCPでは今後、これまでの機能に加え、自殺対策のPDCAサイクルに基づく評価と連動させる形で自殺対策政策の進捗管理や改善、有効性の評価等に活用できる新たな「地域自殺対策政策パッケージ」の開発を進めていきます。

JSCPでは今後、全国で実施した自殺対策の取り組み事例の効果検証ならびに評価(PDCAサイクルの「C」にあたる)を本格的に行います。より地域の実情に即した効果的な自殺対策策定に活用できるような、精度の高い施策群等を提供する新たな「地域自殺対策政策パッケージ」の開発を進めていきます。