調査・研究等

革新的自殺研究推進プログラムInnovative Research Program on Suicide Countermeasures

自殺対策の政策提言に速やかにつながる実践的研究や政策研究を推進する

革新的自殺研究推進プログラムは、自殺総合対策大綱に明記された研究事業であり、厚生労働省と自殺総合対策推進センター(JSSC)が平成29年度に創設した、官民横断型の自殺対策に関する総合的な研究プログラムです。
本プログラムは、誰も自殺に追い込まれることのない社会を目指した諸施策を実現させるため、科学的根拠(エビデンス)に基づいた政策立案及び社会還元に資する研究を推進します。 また、自殺が多様かつ複合的な原因及び背景を有することを鑑み、保健医療のみならず他部門との連携の在り方を含めた学術的基盤を、学際的・国際的観点から強化し、国際的動向を注視しつつ、日本の政策及び社会へ還元することを目的とします。

委託研究について

自殺総合対策をさらに推進するため、その実現に必要な研究を総合的かつ効果的に行うことができる環境を整備することを目的に、自殺対策関連分野の研究者等に対して公募による委託研究を実施しています。公募情報は「新着トピック」でご案内します。

新着トピック

  • 2021.05.17 令和3年度革新的自殺研究推進プログラム委託研究課題採択結果を公表しました。PDF
  • 2021.05.17 令和2年度革新的自殺研究推進プログラム委託研究成果報告書を公表しました。詳細ページ
  • 2021.05.17 革新的自殺研究推進プログラム ニュースレター最新号:Vol.2(2021年5月発行) を発行しました。PDF
  • 2021.03.29 令和3年度委託研究課題の公募を開始いたしました。※終了しました

研究成果について

革新的自殺研究推進プログラムでは、自殺総合対策に資する研究や、社会における現状と課題に応じたテーマに関する研究を実施しています。自殺研究のイノベーションをはかり、成果をいち早く日本の自殺総合対策に反映させることができるよう、次の3領域を設定し、革新的な自殺研究を推進しています。

  • 領域1:自殺対策に関するエビデンスの確立
  • 領域2:地方自治体の支援ツールの改善
  • 領域3:新たな政策領域の開拓

令和3年度

委託研究課題 採択結果

令和2年度

委託研究課題 採択結果

委託研究課題 成果報告

※平成29年度から令和元年度の研究成果については、こちらをご覧ください。

ニュースレター

革新的自殺研究推進プログラムの概要や進捗などをお届けしています。

最新号:Vol.2(2021年5月発行) PDF

NewsLetter_vol.2_1.jpg

バックナンバー

Vol.1(2020年10月発行) PDF

事業報告

2020年度 PDF