JSCPとは

WHO協力センターについてWHO Cooperation Center

WHO協力センターについて

世界的な自殺対策ネットワークの拡大と深化を目指して

WHO協力センター(WHO Collaborating Center[WHOCC])は、WHOの活動プログラムを国際的に展開するために指定される拠点で、約80カ国にある800以上の研究機関や大学研究室が指定されています。
JSCPが事業を継承した自殺総合対策推進センター(以下、JSSC)も、WHOの協力センターとして認証を受けていましたが、JSCPも、2021年1月に「 WHO協力センター(J-99:自殺対策・人材育成)」の認証を受けました。これは、マニラにあるWHO西太平洋地域事務所(WPRO)に所属する協力センターの1つとなります。さまざまな国際活動を通じて、世界的な自殺対策を視野に入れつつ、西太平洋地域の国々へ自殺対策に関する助言・指導を行うことで、先導的な役割を果たすことを目指します。
JSCPのWHO協力センターとしての主な活動内容は、世界的な自殺対策のネットワーク構築および自殺対策に関わる人材の育成です。詳しくは「国際連携事業」のページをご参照ください。

設置要綱